保湿化粧水でモチモチ肌に|肌年齢維持に必要なケア

化粧品

名称に騙されないこと

女性

メーカー独自で決める

無添加化粧水と効くと響きが良く聞こえます。しかし無添加化粧水と表記されながらも無添加効果が得られない商品もたくさんあります。無添加の認識をきちんと持つことが大事なのです。無添加化粧水の名称はメーカーが独自に決めることができます。特に法律的に定義は存在していなくメーカー側の判断で名称を利用することができるのです。もちろん薬事法で添加物とそうでないものは定義づけられており、成分を記載することも義務付けられていますので嘘をついているわけではありません。化粧品メーカーは成分をいろいろ配合して新しい商品を作っています。ポジティブな配合であれば、何を配合してもよいことになってしまっているため、最低限の成分を記載しているのみになるのです。

添加物と似た成分を使用

本当に無添加の化粧水もあります。しかし少なからず何かしらの美容成分は配合されていますので、それが全員の肌に合う商品かどうかの確約までは取れません。あくまでも添加物が配合されていないため安心して利用できる可能性が高いということになります。化粧品は未開封のまま3年は品質保持する事を法律で義務付けられています。しかし防腐剤なしでこの期間を乗り切ることはできません。なにに無添加であると商品に記載できるのは合成ポリマーという成分があるからです。合成ポリマーは添加物ではありません。そして防腐剤でもないために無添加と称することが可能になります。同じような意味を持つ成分でもこのような違いがありますので、実際に無添加という意味を考えて商品を購入する必要があるのです。